にきにきにっき

広告をつくる仕事をしている人のちょっとした日常

今日は『業界地図(四季報版)』を買った。
眺めているだけで面白いんです。
例えば、広告業界は国内では小さいんだけど、
世界じゃまあまあ大きいとか。
情報のひとつとしておすすめであります。

最果タヒ『天国と、とてつもない暇』を読んでいるのだが、
そもそも詩集自体をあまり読んだことがないからなのか、
自分とは全く違った感性によるものなのか、
読んでいても、
どこかに連れて行かれるのか、はたまたどこにも連れて行かれることはないのか…。
まだわからないので、とりあえず全部書き写すことにします。

怒りとともにやる気を出す。

今週の火曜日は気分的に落ちるところまで落ちていた。
インフルエンザから復活して復帰したものの、なんともいえない気持ちになったから。
でも、怒りの感情が湧いてきて仕事に立ち向かっていったら、なんか復活したの。
その代わり、他者への攻撃的な感情が出てくることになってしまったんだけれど。
チームメンバーには最大限のサポート、やらない者には最大限の攻撃を。
決めたんだ。
この仕事はクオリティを保てないと次の仕事が来ない。
それはチーム内でも同じ。任せた仕事でクオリティに達していなかったら、次は任せない。
厳しい環境かもしれないけれど、事実なんだから。


こんなことを書いていると、本当に思い描いていた未来と全然違ったところに来てしまったなと感じる。
目の前の現実は受け入れつつも、ここからどんな未来が待っているのか。
もう思い描くこともないのかもしれないが、楽しくありたいよな…w

今年のピークは1/1だったかもしれない話。

2018年が始まって、そろそろ1月が終わろうとしています。
でも、この時点でピークが1/1だったのではないかと不安を覚えているのです。
1/1はなんといっても天皇杯セレッソ大阪が優勝。
年末年始で東京にいたので、埼玉スタジアムで観戦し、二冠の喜びを噛み締めました。
でも、1/4から仕事が始まって…1/9週から徹夜続きの毎日。
1/16週にはインフルエンザにかかってしまうという事態に。
休んでいる間に仕事は山積し、炎上一歩手前の状態になっているし、
さらにはプライベートの激変が重なりそう。
これ以上は堕ちたくないし、まだまだ生きている限り負けるつもりもないのだが、
少しメンタルがやられそうになっていることだけは事実なのであります。

2017年12月28日のツイート

2017年12月27日のツイート